誘導加熱、溶解炉、Xeガス放電管発光技術、SCiB利用技術、リフティングマグネット駆動電源

お知らせ

カテゴリー(開発部より)

高効率アルミ溶解炉の実証から得られた総合効率開発部より2014.07.172014:07:17:10:52:56

現在開発を進めております電気式高効率アルミ溶解炉について
実証データと理論値を比較しての総合効率を求めてみました。


黒鉛ルツボ重量MC:90kg
投入アルミ量MA:200kg
黒鉛ルツボの比熱cc:0.68kJ/kg・K
アルミの比熱ca:0.91kJ/kg・K
アルミ200kgの融解潜熱AE:79.4MJ→79400kW/秒
昇温温度幅⊿T:690℃
定格入力電力P:13KW
その他条件:溶解中は炉フタを設置、ルツボ内径はΦ430mm


実際に溶解するまでの時間計測結果RH:6時間


理論溶解時間MH=(MC*cc*⊿T+MA*ca*⊿T+AE)/(P*3600) ←3600は秒で出てくる結果を時間に直す為
        =5.28時間
総合効率=MH÷RH×100=88%


従来からあるガス式加熱炉の21%から比べると4倍以上の高効率。
最新鋭の高効率ガス炉の40%と比較しても2倍以上の高効率化となっています。※
高効率である事は、作業環境の温度改善・消費電力量の削減に対して大きな効果があり
中でも作業環境の温度を低下させる効果は著しいものがあります。


※この数値は、デンソー様テクニカルレビューVol.14 2009よりの数値です。

高効率アルミ溶解炉実証実験スタート開発部より2014.04.142014:04:14:09:10:59

P1010110f.JPG
新規開発の高効率アルミ溶解炉について、実際にご使用頂ける協力企業様のもと、
実証実験を開始しました。
今後一週間程度を目処に成果をまとめられる状況になっております。
コールドスタートから最初の残湯を作るまでの消費電力量的には、2/3程度まで電力量低減出来る事を確認しております。

1

導入資料ダウンロード

製品の導入資料は、こちらのページからダウンロードしてください。

お問い合わせ

製品に関すること、特注生産に関することなどお気軽にご連絡ください。

ナビオ株式会社

所在地

〒385-0061
長野県佐久市伴野636-4

地図

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

採用情報